News

「静岡県の持続的なわさび産業振興」に関する連携協定の締結について

私たちNTT西日本グループは地域の皆さまと共に農業DXを推進しています。
生産者の高齢化や減少が進む中、新規就農者の増加や技術継承、農作物の価値向上、販路拡大などにより、農業を起点とした持続可能な地域活性化に取り組んでいます。
その一環として私たちは静岡県をフィールドとして伝統産業であるわさび産業の持続可能な発展による地域活性化をめざし、日本の食文化を守り継承していくことに貢献してまいります。

静岡県では、古くからわさびの生産が盛んであり全国的に見ても極めて高い産出量を占めております。
しかし高齢化等による離農が進むなかで産出量は年々減少しており、中でも畑わさびの生産においては手作業や経験則に頼った手法が続けられているため、技術継承や生産性の向上が課題となっております。

この度、畑わさびにおける栽培工程の効率化を通して安定的な生産体制の確立を行い、持続的なわさび産業の振興を実現するために、西日本電信電話株式会社静岡支店(支店長:番匠 俊行)は、株式会社田丸屋本店(代表取締役:望月 啓行)および株式会社鈴生(代表取締役:鈴木 貴博)と「静岡県の持続的なわさび産業振興」に関する連携協定を締結しました。

ICTによる栽培環境のデータセンシング並びに経験と勘の可視化による栽培ノウハウの蓄積を行うことで生産性向上と流通の最適化を図るとともに、わさびを起点とした食品以外の領域への展開や地域の担い手の確保など地域全体の活性化をめざしてまいります。

詳細はこちら

(ここから先は、NTT西日本のホームページに遷移します)