News

宮崎県の森林・林業DXの社会実装として、串間市有林公売事業に、無人航空機(UAV)によるデジタル計測データが県内で初めて活用されました

私たちは森林・林業を起点とした持続的な地域活性化をめざし、地域の皆さまと共に森林・林業DX推進活動に取り組んでいます。

このたび、宮崎県串間市において、これまでの森林・林業DX推進活動を通じて培った森林デジタル情報解析技術を活用し、宮崎県森林組合連合会とNTT西日本が無人航空機(UAV)により計測・解析したデジタル計測データ(森林資源情報)に基づく市有林の立木販売による公売事業を開始します。これにより、伐採コストの低減や計画的な森林施業につながります。
この試みは、全国的にも先進的な取り組みであり、宮崎県内においては初の取り組みです。

今後、森林情報等のデジタルデータを活用促進し、持続可能な林業の共創やCO2吸収によるカーボンニュートラル社会の実現に向け、更なる森林・林業DXによる生産性向上や新たな価値の創造に、産官学一体となって地域社会に貢献する取り組みを推進していきます。

詳細はこちら

(ここから先は、NTT西日本のホームページに遷移します)


詳細はこちら

(ここから先は、NTT西日本のホームページに遷移します)